発毛を実感するには

年齢を重ねるごとに増えてくるのが薄毛などの髪の毛についての悩みです。髪の毛の減少はそれ自体を避けるのはとても難しいことです。ダイエットで体重を落として理想的なスタイルを得たとしても、髪の毛が薄ければそれだけで見た目に自信を持つことができず、コンプレックスを抱いてしまう、なんてことにもなりかねません。
現代では、個人差もありますが、AGA治療で改善が望めるようになっています。
しかし、それだけに頼ってはいけません。
薄毛で悩んでいる方もしくは薄毛対策をしておきたい方にお勧めできるのは、野菜を食べることでの生活改善です。
日常生活を改善することでそれを実感することができます。偏った食生活を送っている方は、それだけで髪の毛が減りやすい体質に陥っているかもしれません。バランスの良い食事をとることを心掛けましょう。
では、実際にどのような野菜が発毛に効果的なのでしょうか。
発毛に効果があるとされる栄養素は沢山ありますが、その中でも注目されているのが緑黄色野菜です。緑黄色野菜が良い理由はたくさんありますが、ビタミンA,B,Cやミネラルが発毛に効果があるとされています。
ビタミンAを多く含む食品として代表的なものはにんじんですが、緑黄色野菜のほとんどは他の食品に比べて多くのビタミンAを含んでいます。ビタミンBは野菜よりも肉や魚類に多く含まれていますが、ビタミンCはピーマンやモロヘイヤやパセリ、ゴーヤなどに多く含まれています。ただ、これらの栄養素の弱点としてビタミンBとCは水溶性であるという点です。つまり、調理をする過程によって失われてしまう量が多く、普段の食事で十分な量を摂取することが難しいのです。
ただ野菜だけを食べればいいというわけではなく、必須アミノ酸と呼ばれる栄養素、たんぱく質をとることも必要です。これには肉類や豆類などを積極的に食べることをお勧めします。
ミネラル分は、必要量こそ少ないものの、骨や筋肉、そしてタンパク質からなる髪にも必要な要素です。ビタミンと同じく人体内では合成することが出来ないので、緑黄色野菜などの栄養素の多い食品などから摂取する必要があります。
他にも唐辛子に多く含まれているカプサイシンや大豆に多く含まれているイソフラボンも注目されています。この二つの栄養素は同時接種することによって男性ホルモンを増加させる効果があり、毛根のある毛乳頭という部分に発毛を促進する刺激を与えます。